デスクネッツは情報共有で
地方活性化をサポートします
読み込み中です。
もう少しだけお待ちください。
L
O
A
D
I
N
G
太陽のタマゴ
宮崎マンゴー
日本のひなた宮崎県

農産物のブランド化の象徴「宮崎県産完熟マンゴー」

まずやってみる、そして、一番になる!

今や県を代表する果実として有名な宮崎の完熟マンゴー。日本でマンゴーがほとんど知られていなかった1976年、宮崎県の農業試験場でマンゴーの栽培試験が開始された。宮崎県は日照時間が長く温暖な気候だが、マンゴーのハウス栽培は初の試みだ。その後、1986年に西都市の農家でマンゴーの栽培が始まったが、栽培方法を研究しながら生産を行うという試行錯誤の連続だった。

完熟マンゴー出荷を実現させたネット収穫法

宮崎県は、輸入品や国内他産地のマンゴーと差別化を図るため、味や香り等を追求し、完熟マンゴーを作ることにこだわった。

しかし、マンゴーは早採りすると糖度が低くなってしまう。一方、完熟するまで待つと地面に落下して傷つき商品価値が下ってしまうことが問題だった。そこで考案されたのが1個ずつマンゴーにネットをかぶせ、完熟して落ちた果実をネットでキャッチする「ネット収穫法」だ。今では、マンゴー栽培は、全国に広まりつつある。そして、宮崎県が考え出した「ネット収穫法」が当たり前のように行われている。

宮崎県が考え出した「ネット収穫法」
宮崎県が考え出した「ネット収穫法」
完全に熟して落果したマンゴー
完全に熟して落果したマンゴー

マンゴーの樹が成木となったハウス1棟の中には約2,000個ものマンゴーが実をつける。1個1個すべてのマンゴーにネットをかぶせるのは気の遠くなる作業だ。

しかし、すべてのマンゴーにネットをかぶせ、果実にまんべんなく太陽の光が当たるように栽培することで、色、大きさ、香り、食感、味と「他のどの産地にも負けない」と胸を張れる一級品を生産できるようになった。

最高品質の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」
最高品質の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」
最高品質の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」

その結果、誕生したのが宮崎県産完熟マンゴーの最高峰「太陽のタマゴ」だ。

宮崎県産完熟マンゴー出荷量全体のわずか10~15%程度しか与えられないこの称号は、1玉350g以上、糖度15度以上など厳格な規格が設けられている。

今から40年前、手探りの状態から始めたマンゴー栽培だが、今では原産地にも引けをとらない最高の品質を誇り、海外でも引く手あまたである。

宮崎県産マンゴーは、最高の品質を追求するため手間暇を惜しまない。まさに「みやざきブランド」を象徴する存在だ。言葉で表現するのは簡単だが、少なくとも30年以上の年月で蓄積した努力の賜物は、一朝一夕では真似できないだろう。

1976年:
宮崎県総合農業試験場でマンゴーの栽培試験スタート
1986年:
県単事業で西都市2戸に導入、栽培開始
1988年:
マンゴー初出荷

宮崎式の収穫方法(ネット収穫)の技術が確立

1993年:
「宮崎県果樹振興協議会 亜熱帯果樹部会」発足
1998年:
一般公募により「太陽のタマゴ」が決定し、商標登録を行なう

「太陽のタマゴ」の販売解禁日を設定

2001年:
県商品ブランドとして認証(みやざきブランド)
2004年:
マンゴー取扱高10億円突破
2009年:
第58回全国農業コンクールで「農林水産大臣賞」受賞
第48回農林水産祭で「天皇杯」受賞
2014年:
5月25日を「みやざきマンゴーの日」と制定
完熟マンゴー 太陽のタマゴ ポスター
2016/8/30 Neojapan
記事をシェア
  • facebook
  • twitter
  • line
  • tumblr
PAGE TOP